絵画インストラクターの概要と評判と口コミについて

デッサン

SHARE

絵画インストラクターの概要と評判と口コミについて

絵画インストラクターって何?

絵画インストラクターとは、デッサンやスケッチなどの技法や使用する道具に関する専門的知識と技術を有している方に与えられる資格です。

受験するためには

受験に関する情報は以下のとおりです。

【受験概要】

受験資格:特になし
受験料:10,000円※消費税込み
受験申請:インターネットからの申込
受験方法:在宅受験
合格基準:70%以上の評価画必要
試験日程:2カ月おきに実施

評価や口コミは!?

デッサン、スケッチはすべての芸術作品の基本となる技術のため、芸術活動を行う方や芸術家を目指す方には必須の技術です。旅行好きの方で訪れた土地の風景をスケッチされる方もいらっしゃいます。また、デッサンは対象物の特徴を捉えて、描くために集中力とつきます。デッサンは自己表現を行う一種なので、ストレス発散の効果もあり、心身共に充実することができます。そのため、老若男女問わず、幅広い年代の方に人気の資格となっています。旅先でスケッチした風景を絵葉書にする、インテリアとして飾ることができるなど幅広く活用することができます。

絵画インストラクター認定試験はデッサンとスケッチンに関する技法や必要な道具の使用方法を学ぶことができます。また、趣味の延長線上で始めることができるため、男女問わずに人気のある資格です。今後、芸術活動を行う予定のある方や、現在芸術家として活動している方にはスキルアップの一環として、知識の充実や技術の向上することができます。絵画インストラクター認定試験は日本インストラクター協会が主催しています。日本インストラクター協会が主催する認定試験は2ヶ月毎に開催しています。インターネットから申し込みをし、在宅での受験のため、その他の資格受験のように受験地へ足を運ぶ必要がありません。そのため、北海道や沖縄といった遠方地にお住まいの方も気軽に受験を行うことができます。難易度に関しては日本インストラクター協会が主催するその他の認定試験と同様に70%以上の評価としています。

資格習得後は絵画インストラクターとして、セミナーやカルチャースクールで講師活動を行うことができます。また、自宅でデッサンやスケッチを教える教室を開くこともできます。また、ご家族や友人にデッサンやスケッチに関する技法を教えることもできます。

絵画インストラクター認定試験は趣味の延長線上で始めることもできるため、独学での取得も可能です。受験勉強に多くの時間を割けない方、すぐに資格を取得したい方、効率的に勉強したい方には各スクールが提供している通信講座がおすすめです。初心者にも馴染みやすく、わかりやすい教材の提供や無料で何度でも質問できるサポート体制が人気となっています。また、1日30~40分ほどの勉強で資格を取得できるようにカリキュラムが組まれているので、無理なく資格取得を目指すことができます。諒設計アーキテクトラーニングが提供している「鉛筆デッサンマスター W資格取得スペシャル講座」では絵画インストラクターだけでなく、日本デザインプランナー協会が主催する「鉛筆デッサンマスター」の資格も同時に取得できます。
デッサン  デッサン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です