紅茶マイスターの概要と評判と口コミについて

紅茶

SHARE

紅茶マイスターの概要と評判と口コミについて

紅茶マイスターって何?

紅茶マイスターとは、紅茶のオーナーとしての知識と実務をこなせる技能を有する方に与えられる資格です。

受験するためには

受験に関する情報は以下のとおりです。

【受験概要】

受験資格:特になし
受験料:10,000円※消費税込み
受験申請:インターネットからの申込
受験方法:在宅受験
合格基準:70%以上の評価画必要
試験日程:2カ月おきに実施

評価や口コミは!?

18世紀イギリスでのブームを皮切りに現代でも生活の一部になった紅茶文化。普段の生活に紅茶が欠かせない方も多いと思います。そのため、日本でもティーサロンやティールームを開業される方も少なくありません。そのようなティーサロンやティールームを開店させたい方や将来開店したい方にとって、おすすめの認定し企画が紅茶マイスター認定資格です。

紅茶マイスター認定試験ではカフェの開業、運営の基礎知識やティールームの企画・計画・内装・設備、商品とサービス企画だけでなく、マーケティングの基礎知識及び戦略を学ぶことができます。また、紅茶やコーヒーを提供できる飲食店多く、応用も可能です。そのため、飲食店を既に経営されている方にもおすすめの資格となっています。現在、飲食店に従事し、将来飲食店を経営されたい方もマーケティングを学べるため、口コミによる評価も高いです。特にカフェ経営をされる予定の方はティーサロンやティールームの内装にこだわる方も多い方と思います。ティールームの内装や外観の基礎知識も学べるため、自分の個性を活かしつつ、お客様を満足させる室内を表現することができます。紅茶だけでなく、コーヒーも提供するカフェも多いため、紅茶マイスター認定資格を取得される方で、併せてカフェマイスター認定試験、コーヒーアドバイザー認定試験を取得される方も多いようです。カフェや喫茶店は提供する食事だけでなく、淹れるコーヒーや紅茶にこだわる方も多いのがその理由と思われます。また、女性で趣味の延長線上で取得される方も多いようです。

紅茶マイスター認定試験は知識が全くない場合でも、楽しく勉強しながら資格を取ることができます。この紅茶マイスター認定資格は日本安全食品料理協会が主催しています。日本安全食料料理協会が主催する認定試験は2ヶ月毎に開催しています。インターネットから申し込みをし、在宅での受験のため、その他の資格受験のように受験地へ足を運ぶ必要がありません。そのため、北海道や沖縄といった遠方地にお住まいの方も気軽に受験を行うことができます。難易度に関しては日本安全食料料理協会が主催するその他の認定試験と同様に70%以上の評価としています。

資格を習得するなら、通信講座がおすすめです

紅茶マイスター認定試験は独学での取得も可能ですが、諒設計アーキテクトラーニングが提供する紅茶W資格取得講座がおすすめです。紅茶W資格取得講座を受講するだけで、紅茶マイスターと紅茶アドバイザーの資格が2つとも取得することができます。資格には興味があっても、時間がなくて勉強に避ける時間がないという方や時間を節約したい方にはおすすめの講座となっています。
紅茶  紅茶

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です