空間ディスプレイデザイナーの概要と評判と口コミについて

空間デザイン

SHARE

空間ディスプレイデザイナーの概要と評判と口コミについて

空間ディスプレイデザイナーって何?

空間ディスプレイデザイナーとは、陳列、色彩演出、照明技術などの知識・技術を一定水準のスキルを認定された資格者です。

受験するためには

受験に関する情報は以下のとおりです。

【1級受験概要】
空間ディスプレイデザインの基礎知識に加え、それに関わる技術の応用力が問われます。

受験資格:特になし
受験料:10,000円※消費税込み
受験申請:インターネットからの申込
受験方法:在宅受験
合格基準:70%以上の評価画必要
試験日程:2カ月おきに実施

【2級受験概要】
空間ディスプレイデザイン、空間陳列色彩、ヴィジュアルマーチャンダイジングの基礎知識を持っていることが求められます。

受験資格:特になし
受験料:10,000円※消費税込み
受験申請:インターネットからの申込
受験方法:在宅受験
合格基準:70%以上の評価画必要
試験日程:2カ月おきに実施

評価や口コミは!?

在宅ワークとして、空間のアドバイス、空間デザインの講師として活動ができるため、副業として人気があるようです。主婦層を中心に家の空間デザインをすることで過ごしやすくなった、友人にも気に入ってもらえたとの評判が多いです。空間ディスプレイデザイナーは商品の陳列・配置・照明の照らし方などの知識と実践力を有しています。そのため、ディスプレイの仕方で販売実績が変わるため、責任のある仕事につけます。特にアパレル業界ではディスプレイ方法が売上げに直結すると考え、取得する方が増えています。

「買い物」という分野は恐らく未来永劫なくなることはありません。そのため、店頭販売が続く限り、空間ディスプレイの技術の需要はあります。アパレル業界に限定せず、全ての小売業界から求められる専門的技術のため、転職などにも役に立つとのことです。売上に直結する技術を有している方が雇用側もメリットがあり、採用率が高まったとの口コミもあります。オリジナル空間をデザインしたいという方も資格取得をしており、また初心者でも学習を続ければ、取得できると評判です。資格取得者の多くは空間ディスプレイデザイナーを取得して良かったと満足度は高いそうです。

「良い空間を作って、人を喜ばせたい」、「購入率を上げて、お店に貢献したい」という方にはおすすめの資格です。小売店オーナーや店長などの責任者にもおすすめです。資格レベルも1級、2級とあります。そのため、昇進のタイミングや現在の地位に応じて、段階的に取得も可能です。空間ディスプレイデザインに関する知識は必要ですが、購入者の購買モチベーションを想定し、試行錯誤を得るため、経験と感覚が必要とされる資格です。自身が作り出した空間ディスプレイにより、購買率が改善したと定量的に評価されることも魅力であり、やりがいを感じることができます。

資格取得後は!?

独立・開業ができる資格というよりは幅広い職種に就くために役に立つ資格です(もちろん独立・開業も可能です)。また、プライベートにおいても活用でき、家の中のディスプレイからクリスマスツリーの飾り付けまで幅広く応用することができます。
空間  空間

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です