生活における技術を認定!日本生活環境支援協会の口コミ評判とは!?

shikakusyutoku

SHARE

生活における技術を認定!日本生活環境支援協会の口コミ評判とは!?

日本生活環境支援協会って何?

日常生活における技術の各スキルに対して、一定以上の能力が認められれば、認定をする期間です。
技術認定をすることにより、そのスキルを必要とする企業客観的な判断でが人員採用をする事が可能となります。
また、各スキルを持つ技術者の社会的地位の確立を図ることを目的にしています。

どんな資格があるの?

日本生活環境支援協会が認定を出す資格は全てで9つあります。

(1)収納マイスター認定試験
整理方法や収納方法によって、「部屋が片づけられない」などの悩みを解決します。
基本的な収納法、依頼者の要望に合った整理・収納方法を的確に提案できることが求められます。

(2)ハウスクリーニングアドバイザー認定試験
ハウスクリーニングの知識・視点を持ち、的確な判断やアドバイスができることを求められます。
道具の扱い方、最適な掃除方法などの知識が必要です。

(3)住まいアドバイザー認定試験
建物及び建築材料に対する一般的な知識、住まいの視点から鑑定、判断能力が求められます。

(4)手芸アドバイザー認定試験
クラフトに関するカーピング、ギャザーなどの知識、技術を理解していることが求められます。

(5)ガーデニングアドバイザー認定試験
ガーデンデザインの知識・技術・技能を有していることを求められます。
ガーデニングの知識、花木の種類、植栽プラン、ガーデンの設計・施工、管理の方法に熟知している必要があります。

(6)環境生活指導士認定試験
環境について一定以上のレベルの知識を持ち、今後の社会の姿を考え、より良い環境づくりを提案することが求められます。

(7)住生活材料品質鑑定士認定試験
建物、及び建築材料に関する知識を持ち、住生活の視点から建物全体を鑑定・判断する能力が求められます。

(8)土地建物アドバイザー認定試験
土地建物についての知識持ち、土地や建物に関わる問題を的確にアドバイスできることが求められます。

(9)ライフ環境アドバイザー認定試験
人がより快適に生活できる環境を提案できる能力が必要とされます。住宅の改善だけではなく、高齢者や障害のある方を対象にした福祉用具や諸施策情報などのアドバイスも必要となり、幅広い知識が求められます。

人気のある資格はどれ?

人気の高い資格は「収納マイスター」、「ハウスクリーニングアドバイザー」、「ガーデニングアドバイザー」です。
「収納マイスター」が人気な理由は日々主婦がこなしている作業を体系的に学ぶことができ、効率を向上させることにあります。
「ハウスクリーニングアドバイザー」も同様に常日頃こなしている家事の一つとして、技術と効率が向上することで汚れにくい環境を構築できます。
また、自宅の掃除自体を楽しくするという効果もあります。
「ガーデニングアドバイザー」は自宅でできる趣味の一つであり、一定のスキルを身につけることで幅が広がり、趣味としてのレベルもあがるため、人気だそうです。

そして、この3つの共通項は資格を取得した後は講師活動ができるという点です。
普段の家事の効率が悪い、片付け下手などに悩みを持つ人々のニーズも多く、需要も高いです。
プロのスキルと視点から的確なアドバイスができ、講師として活躍することもできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です