漢方コーディネーターの概要と評判と口コミについて

漢方薬膳

SHARE

漢方コーディネーターの概要と評判と口コミについて

漢方コーディネーターって何?

漢方コーディネーターとは、漢方や漢方薬に対する知識と漢方による診断方法や養生への理解を有している方に与えられる資格です。

受験するためには

受験に関する情報は以下のとおりです。

【受験概要】

受験資格:特になし
受験料:10,000円※消費税込み
受験申請:インターネットからの申込
受験方法:在宅受験
合格基準:70%以上の評価画必要
試験日程:2カ月おきに実施

評価や口コミは!?

化学療法が一般的な現代社会ですが、気や血の巡りから健康状態を把握し、その人の体質に合った薬を与える漢方も根強く存在します。薬の副作用に敏感な方や健康志向が強い方を中心には特に人気となっています。食生活が乱れがちな現代人は健康を害しがちです。治療よりも予防を大きく促されている現代において、漢方による健康促進は注目を浴びています。そのため、漢方コーディネーターの需要は大きくなり、今後、必要性も高まります。特に健康志向の強い女性やオーガニックにこだわる女性、家族の健康を担う主婦層にも人気の資格となりつつあります。

漢方は身長、体重、性別はもちろん依頼主の現在の体調や体質を考慮する必要があります。容量や使用用途を間違うと、思わぬ副作用を発症する危険もあるため、漢方を扱うには相当の知識が必要とされます。漢方コーディネーター認定試験では漢方の基礎知識、歴史、思想、診断方法、特徴、使い方を学ぶことができます。また、漢方に必要な気・血・水に関する知識、五臓六腑、養生と四季についても学ぶことができます。また、漢方は薬膳にも多く使用するため、漢方コーディネーターを取得した方で薬膳調理師認定試験を受験する方も多いようです。漢方コーディネーターは知識や経験がない方も簡単に始めることができます。現在、オーガニックを主とした料理を提供している飲食店を経営されている方や勤めている方、また料理人としてスキルアップを目指される方にもおすすめの認定試験です。

漢方コーディネーター認定試験は日本安全食料料理協会が主催しています。日本安全食料料理協会が主催する認定試験は2ヶ月毎に開催しています。インターネットから申し込みをし、在宅での受験のため、その他の資格受験のように受験地へ足を運ぶ必要がありません。そのため、北海道や沖縄といった遠方地にお住まいの方も気軽に受験を行うことができます。難易度に関しては日本安全食料料理協会が主催するその他の認定試験と同様に70%以上の評価としています。

資格習得後は漢方コーディネーターとして、自宅で漢方に関する教室を開く、カルチャースクールの講師として活動することができます。また、漢方を扱う専門店を開くこともできます。

資格を習得するなら通信教育がおすすめ

漢方コーディネーター認定試験は独学での合格も可能です。しかし、時間を節約したい方や受験勉強に時間割けない方には通信教育がおすすめです。中でも諒設計アーキテクトラーニングが提供する「漢方・薬膳W資格取得コース」は一回の受講で漢方コーディネーターと薬膳調理師の資格が2つとも取得できます。
漢方・薬膳  漢方・薬膳

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です