機械・設備・電気CADインストラクターの概要と評判と口コミについて

cad

SHARE

機械・設備・電気CADインストラクターの概要と評判と口コミについて

機械・設備・電気CADインストラクターって何?

機械・設備・電気CADインストラクターとは、機械、設備、電気CADにおける知識と及びCADシステムを理解し、AutoCADもしくはJWCADのいずれかの操作を実務上行使できる人へ与えられる資格です。

受験するためには

受験に関する情報は以下のとおりです。

【受験概要】

受験資格:特になし
受験料:10,000円※消費税込み
受験申請:インターネットからの申込
受験方法:在宅受験
合格基準:70%以上の評価画必要
試験日程:2カ月おきに実施

評価や口コミは!?

建築業界に従事している方で設計に携わる機会がある方にとって、CADは切っても切り離せないものとなっています。特に機械や設備、電気系統のCADは必要不可欠です。CADソフトは簡単に製図を行えることからも人気の資格となっていますが、決して簡単なものではないようです。従って、建築業界に就職・転職しようとしている方にとっては他の求職者との差別化も図れることから人気の資格となっています。2020年の東京オリンピックの開催も決定し、都心を中心にインフラ整備や商業施設の建設、建物の改修工事など建築業界は活況に沸いています。最近では度重なる震災などにより、建築物の老朽化も目立ち、また建築基準に満たない悪意あるデータ改ざんが行われていたというニュースは耳に新しいと思います。そのような背景の中、より正確に製図が求められることは必須であり、CADを使いこなすことでその責務を果たすことができます。そのため、今後もCADを使用できる人材の需要が高まることが予想されます。

機械・設備・電気CADインストラクター認定試験では空調設備設計、電気設備設計、給排水衛生設備設計またはブラント設備設計を理解し、AutoCAD、JWCADの操作方法を学ぶことができます。機械・設備・電気CADインストラクター認定試験は日本インストラクター協会が主催しています。日本インストラクター協会が主催する認定試験は2ヶ月毎に開催しています。インターネットから申し込みをし、在宅での受験のため、その他の資格受験のように受験地へ足を運ぶ必要がありません。そのため、北海道や沖縄といった遠方地にお住まいの方も気軽に受験を行うことができます。難易度に関しては日本インストラクター協会が主催するその他の認定試験と同様に70%以上の評価としています。

資格習得後は機械・設備・電気インストラクターとして、独立・開業することができます。また、資格を取得したことにより依頼主の信用が上がった、受注件数が増えたという評判もあります。建築業界への就職や転職を考えられている方は履歴書への記入や面接時の自己PRに役に立てることができます。

機械・設備・電気CADインストラクターは決して簡単な資格ではありません。効率よく勉強をして、一度の受験で合格するためにも各スクールが提供する通信講座がおすすめです。教材もわかりやすく、無料で何度も質問できるサポート体制に定評があります。特にすぐに資格を取得したいという方や受験勉強に時間を割けない方にはおすすめです。
cad

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です