手芸アドバイザーの概要と評判と口コミについて

クラフト

SHARE

手芸アドバイザーの概要と評判と口コミについて

手芸アドバイザーって何?

手芸アドバイザーとは、カーピングやギャザーといったクラフトの知識と技術を理解している方に与えられる資格です。

受験するためには

受験に関する情報は以下のとおりです。

【受験概要】

受験資格:特になし
受験料:10,000円※消費税込み
受験申請:インターネットからの申込
受験方法:在宅受験
合格基準:70%以上の評価画必要
試験日程:2カ月おきに実施

評価や口コミは!?

女子力アップのツールとしても手芸は人気となっています。手芸は想像力を育くみ、良い気分転換にもなります。また、手芸できるジャンルは幅広く、若者から年配の人まで楽しめます。自分自身で作ったオリジナルの製品はライフスタイルを豊かなものにしてくれます。また、インターネットの発達により、自作した製品をインターネットオークションやインターネットショップで販売することもできます。手先を動かす手芸は認知症の予防としても期待されています。クラフト(手芸品)に関する基礎知識や技術を学べる手芸アドバイザーは女性を中心に人気が高まっています。最近ではストール、ワンピース、ファッションアイテム、ネックレス、ピアス、イアリングなど作れる幅も広く、手芸アドバイザー認定試験は口コミで人気となっております。近くに手芸教室やスクールがない方にもおすすめです。クラフトは趣味だけでなく、様々な小売店でも応用できます。花屋や雑貨店などちょっとした小物やグッズ、プレゼントを作る際にも役に立ちます。

手芸アドバイザー認定試験は日本生活環境支援協会が主催しています。日本生活環境支援協会が主催する認定試験は2ヶ月毎に開催しています。インターネットから申し込みをし、在宅での受験のため、その他の資格受験のように受験地へ足を運ぶ必要がありません。そのため、北海道や沖縄といった遠方地にお住まいの方も気軽に受験を行うことができます。難易度に関しては日本生活環境支援協会が主催するその他の認定試験と同様に70%以上の評価としています。

資格習得後は手芸アドバイザーとして、自宅でクラフト教室を開く、手芸アドバイザーとしてしセミナーやカルチャースクールの講師として活動することができます。また、自分自身で製作したものを店頭販売、インターネット販売をすることもできます。これからクラフト関連業界に就職・転職を考えられている方や現在、クラフト関連業界に従事されている方のスキルアップとして利用することができます。また、自身で作ったクラフトをご家族や友人にプレゼントをすることもできます。また、家のインテリアやファッションアイテムを自作で作ることもできます。

手芸アドバイザー認定試験は独学で合格することもできます。受験勉強に時間が割けない方や効率的に資格を習得されたい方には通信講座がおすすめです。初心者にもわかりやすい教材を提供している会社も多く、楽しく学びながら、資格を取得することができます。1日30~40分の勉強で、最短2ヶ月で資格取得を目指せる講座を謳っているスクールもあります。各社が提供している日本生活環境支援協会の院亭試験対策の通信講座は口コミでも評価が高くなっています。
手芸  ハンドメイド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です