建築CADインストラクターの概要と評判と口コミについて

cad

SHARE

建築CADインストラクターの概要と評判と口コミについて

建築CADインストラクターって何?

建築CADインストラクターとは、建築設計や建築施工図を作成する建築CADを理解し、AutoCADやJWCADのどちらかの操作を実務上問題なく遂行できる人に与えられる資格です。

受験するためには

受験に関する情報は以下のとおりです。

【受験概要】

受験資格:特になし
受験料:10,000円※消費税込み
受験申請:インターネットからの申込
受験方法:在宅受験
合格基準:70%以上の評価画必要
試験日程:2カ月おきに実施

評価や口コミは!?

CADによる建築全般の設計や施工図はもはや建築業界に欠かせないものとなっています。2020年の東京オリンピック開催が決定したことにより、大型の商業施設や高層マンションの建設が多くなっています。そのため、CADによる建築物全般の設計・施工図の製図を行う建築CADインストラクターの需要が近年高まっています。最近発覚したマンション杭打ちデータ改ざん事件により、建築業界への評判は最悪なものとなっています。長年の職人経験を頼った勘による作業から、より正確な製図を求める環境に今後も加速していきます。近い将来、建築業界に携わる人達にとって、CADは必須の技能となる可能性も秘めています。そのことから若い人たちを中心にやりがいのある仕事、責任感のある仕事として建築業界を目指す方が増えており、この建築CADインストラクター認定試験を受験する方も同時に増えています。

建築CADインストラクター認定試験は日本インストラクター協会が主催しています。日本インストラクター協会が主催する認定試験は2ヶ月毎に開催しています。インターネットから申し込みをし、在宅での受験のため、その他の資格受験のように受験地へ足を運ぶ必要がありません。そのため、北海道や沖縄といった遠方地にお住まいの方も気軽に受験を行うことができます。難易度に関しては日本インストラクター協会が主催するその他の認定試験と同様に70%以上の評価としています。

資格習得後は建築CADインストラクターとして、独立・開業を行うことができます。また、資格を取得したことにより、クライアントの信用が高まる、受注案件が増えるといった効果が期待できます。また、建築業界に就職・転職を考えている方は履歴書の資格欄に記入ができる、面接時の自己PRに活用できます。

建築CADインストラクター認定試験は決して簡単な資格ではありません。そのため、独学で取得はその他の認定試験よりも難しい可能性があります。それでも参考書などで時間をかければ、取得は可能です。本業が忙しいため、資格取得に多くの時間を割けない、すぐに資格が欲しい、効率的に勉強して時間の効率化をしたい方には各スクールが提供している通信講座がおすすめです。初心者にもわかりやすい教材を提供している、無料で何度でも質問ができるサポート体制を準備しているスクールも多く、1日30~40分ほどの勉強時間を確保するだけで、最短2ヶ月で資格取得が可能なカリキュラムを組んでいます。また、自宅で自分の好きな時間に受講できるため、口コミで高い評判を得ています。
cad

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です