建築模型技工士インストラクターの概要と評判と口コミについて

建築模型

SHARE

建築模型技工士インストラクターの概要と評判と口コミについて

建築模型技工士インストラクターって何?

建築模型技工士インストラクターとは、様々な模型についての理解を深め、実務において支障なく通用する技術を有している方に与えられる資格です。

受験するためには

受験に関する情報は以下のとおりです。

【受験概要】

受験資格:特になし
受験料:10,000円※消費税込み
受験申請:インターネットからの申込
受験方法:在宅受験
合格基準:70%以上の評価画必要
試験日程:2カ月おきに実施

評価や口コミは!?

近年では建築模型技巧士インストラクターの受験者数が増えているようです。その理由は人手不足といわれる建築業界に魅力を感じ、建築業界への就職にあたり、役に立つ資格として注目されているからです。2020年の東京オリンピック開催を契機にインフラ整備、商業施設の建設ラッシュが続き、今後も活況が予想される業界でもあります。そんな業界に魅了され、やりがいのある仕事をしたいという方が急増しています。

建築模型技巧士インストラクター認定試験は建築業界への就職や転職を考えていらっしゃる方には履歴書の資格欄に記入ができる、面接時の自己PRに活用できるといったメリットがあります。また現在建築業界に従事されている方の知識の充実やスキルアップの一環としてもふさわしい資格をなっています。仕事に活かすだけでなく、趣味で模型製作などをされている方にも本格的な模型製作の技術を習得できるため、建築業界以外の方も資格を取得されることがあるそうです。

建築模型技巧士インストラクター認定試験では、スタディー模型、検討模型、プレゼンテーション模型、展示模型、説明模型、原寸模型、比較模型、体験模型に関する知識及び技術を学ぶことができます。建築模型技巧士インストラクター認定試験は日本インストラクター協会が主催しています。日本インストラクター協会が主催する認定試験は2ヶ月毎に開催しています。インターネットから申し込みをし、在宅での受験のため、その他の資格受験のように受験地へ足を運ぶ必要がありません。そのため、北海道や沖縄といった遠方地にお住まいの方も気軽に受験を行うことができます。難易度に関しては日本インストラクター協会が主催するその他の認定試験と同様に70%以上の評価としています。

資格習得後は建築模型技巧士として、独立・開業することができます。建築模型に関する知識を活かして、セミナーを開講する講師としても活動することができます。

建築模型技巧士は建築関係の専門学校を卒業していれば、学ぶきっかけがありますが、金銭的な事情やその他の理由により、学校に通うことが難しい方は各スクールが提供している通信講座がおすすめです。自宅で受講できるだけでなく、初心者にもわかりやすい教材や無料で何度も質問できるサポート体制に定評があります。また、1日30~40分の勉強で資格取得ができるようにカリキュラムが組まれているため、無理なくマイペースに勉強を進めることができます。受験勉強に十分な時間を割けない方、功利的に資格取得をして時間を節約したい方、すぐに資格を取得したい方には特におすすめです。
建築模型  建築模型

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です