建築材料インストラクターの概要と評判と口コミについて

shikakusyutoku

SHARE

建築材料インストラクターの概要と評判と口コミについて

建築材料インストラクターって何?

建築材料インストラクターとは、建築に必要な資材や材料を理解した人に与えられる資格です。

受験するためには

受験に関する情報は以下のとおりです。

【受験概要】

受験資格:特になし
受験料:10,000円※消費税込み
受験申請:インターネットからの申込
受験方法:在宅受験
合格基準:70%以上の評価画必要
試験日程:2カ月おきに実施

評価や口コミは!?

2020年に東京オリンピック開催が決定し、東京都内ではインフラ整備や商業施設の建設、ターミナル駅の改築が盛んになっています。また、アベノミクスの大胆な金融緩和により、円安を促し、今後観光立国としての地位を確立させようとしています。そのため、2020年のオリンピック以降も都心や地方も含め、建築業界は活況に見舞われることが予想されます。建築材料インストラクター試験は建築業界へ就職・転職をされようと考えている方、既に建築業界に従事されている方におすすめの資格です。特に現場監督を目指そうとされている方は様々な建築材料を把握することが必要のため、知識の充実やスキルアップの一環として、受験される方もいらっしゃいます。特に「荷揚げ」という建築資材を建築現場へ搬入される職種には搬入する資材が多種多様にあるため、荷揚げ職人の方にはおすすめの資格でもあります。全くの初心者の方でも気軽に受験できることも人気の理由でもあります。

建築材料インストラクター試験では石材、木材、鉄鋼、コンクリートといった構造用材や床材、築壁材、屋根材、建具、各種ボード、建築用金物などの内外装仕上げ材を学ぶことができます。また、断熱材、吸音材、シール材、防水用材などの性能維持材のほか、木材、粘土、金属、セメントといった素材の種類を学ぶことができます。建築材料インストラクター認定試験は日本インストラクター協会が主催しています。日本インストラクター協会が主催する認定試験は2ヶ月毎に開催しています。インターネットから申し込みをし、在宅での受験のため、その他の資格受験のように受験地へ足を運ぶ必要がありません。そのため、北海道や沖縄といった遠方地にお住まいの方も気軽に受験を行うことができます。難易度に関しては日本インストラクター協会が主催するその他の認定試験と同様に70%以上の評価としています。

資格習得後は建築材料インストラクターとして、セミナーなどの講師活動や建築業界への就職活動時に履歴書へ記載することができます。また、面接時の自己PRにも役に立ちます。

建築材料インストラクター試験は独学でも取得が可能です。しかし建築業界は、平日はもちろん土曜日も稼働していることがほとんどなため、受験勉強に多くの時間を割けない方も多くいらっしゃいます。そんな方には独学よりも各種スクールが提供している通信講座がおすすめです。初めての方にもわかりやすい解説が載っている教材を提供しているスクールも多く、1日30~40分の勉強で、最短2ヶ月での資格取得が可能と謳っています。また、無料で何度でも質問が可能な万全なサポート体制も口コミで評判が高くなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です