実践建築模型認定試験の概要と評判と口コミについて

建築模型

SHARE

実践建築模型認定試験の概要と評判と口コミについて

実践建築模型認定試験って何?

実践建築模型認定試験とは、建築に携わる第三者にプレゼンテーションを実施することを前提に作成する建築模型の知識と製作技術を計る試験です。上記の知識と製作技術は現場で実践できるまでの知識と技術力を水準に設定しています。

受験するためには

受験に関する情報は以下のとおりです。

【1級受験概要】
建築模型の製作技術や技能+製作スキルと現場で運用可能な実践力

受験資格:特になし
受験料:10,000円※消費税込み
受験申請:インターネットからの申込
受験方法:在宅受験
合格基準:70%以上の評価画必要
試験日程:2カ月おきに実施

【2級受験概要】
建築模型の製作技術や技能についての知識

受験資格:特になし
受験料:10,000円※消費税込み
受験申請:インターネットからの申込
受験方法:在宅受験
合格基準:70%以上の評価画必要
試験日程:2カ月おきに実施

習得できる技術について

建築物のプレゼンテーションを行うことが前提の建築模型士は建物の縮小率を計算して、ミニチュアを作成します。そのため、細かい手作業も必要とされ、製作技術の向上が期待できます。さらに各業務分野の担当者との意思疎通を行う必要があるため、プレゼンテーション能力の向上ができます。

評価や口コミは!?

在宅受験の形を取っているため、従来の資格試験のような会場までのアクセスの調査時間、交通費の節約となるため、気軽に受験できるという点は評価されています。多くの資格取得の合格ラインとほぼ同じ難易度のため、独学による取得が可能です。また、こつこつと努力を重ねれば、取得できる資格ということで人気があります。そのため、時間がない受験者やキャリアアップを狙う業界の人間には一定の評価を得ています。資格ランクも2級と1級があり、それぞれ難易度も異なるがより実践的なテスト内容が多いため、資格取得後は即戦力として応用することができます。また、建築やデザインなどの知識がない初心者でも比較的取得が容易な資格でもあり、建築模型は在宅ワークも可能なため、主婦や学生などに人気の資格です。2020年の東京オリンピックが誘致されたため、インフラの整備や都市の再開発、地価の上昇などが追い風になり、建築業界は人材不足に陥っています。そのため、建築に携わる業務の需要が高まっており、在宅ワークや副業としても活用できる実践建築模型認定試験は人気が上がっています。資格を有していると受注できる可能性が高まり、実際に受注件数が増えた資格取得者もいます。今後、建築業界に従事されようとしている方や現在、従事中の方にも取得しておいた損はない資格です。

資格取得後について

資格習得後は建築関連現場での就労やカルチャースクールの講師として、独立・開業も可能です。建築模型作成を教える、作成した建築模型の販売、また製作の依頼を受けることもできます。報酬も個人住宅の模型の場合、3~6万円、ビルやマンションは8~10万円が相場とされています。そのため、建築模型やプラモデル制作を趣味でやられている方にもおすすめの資格となっています。
建築模型  建築模型

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です