住まいアドバイザーの概要と評判と口コミについて

shikakusyutoku

SHARE

住まいアドバイザーの概要と評判と口コミについて

住まいアドバイザーって何?

住まいアドバイザーとは、建築や建築材料の一般的な知識と住まいの視点で鑑定・判断能力を有する方に与えられる資格です。

受験するためには

受験に関する情報は以下のとおりです。

【受験概要】

受験資格:特になし
受験料:10,000円※消費税込み
受験申請:インターネットからの申込
受験方法:在宅受験
合格基準:70%以上の評価画必要
試験日程:2カ月おきに実施

評価や口コミは!?

人にとって、住まいは生活を送るうえで最も大切なものです。生活の基盤としても人間らしく生きる上でも住まいは需要な役割を果たします。住宅の購入は人生においても、非常に大きな買い物の一つです。そのため、自分に合った住まい、こだわりのある住まいが欲しいというのは至極当然です。

依頼主の要望に合った住まいを提案・アドバイスするのが住まいアドバイザーです。不動産業界に勤めている方で不動産営業、不動産に関わる商品を提案される方にはおすすめの資格です。スキルアップの一環としても受験される方も多く、資格習得後は不動産の知識が増え、接客及び営業のセールストークや提案力が増したと口コミで評判になっています。また、不動産業者が営業成績達成目的のため、条件に合わない不動産の購入を防ぐために個人で取得される方もいらっしゃるようです。

住まいアドバイザー認定試験は日本生活環境支援協会が主催しています。日本生活環境支援協会が主催する認定試験は2ヶ月毎に開催しています。インターネットから申し込みをし、在宅での受験のため、その他の資格受験のように受験地へ足を運ぶ必要がありません。そのため、北海道や沖縄といった遠方地にお住まいの方も気軽に受験を行うことができます。難易度に関しては日本生活環境支援協会が主催するその他の認定試験と同様に70%以上の評価としています。

資格習得後は住宅アドバイザーとして活動が可能です。住まいセミナーでの講師として活動も行えます。不動産業界に就職・転職を考えている方にも面接での自己PRの材料となり、おすすめです。既に不動産業界に従事されている方には知識の充実、営業力強化といったスキルアップにもおすすめです。

住まいアドバイザーは独学でも取得ができます。しかし、不動産業界は土日出勤がほとんどのため、十分な勉強時間を充てることができない方も多いようです。そんな方には資格の通信講座を専門的に扱っているスクールを利用することがおすすめです。通信教育のため、自宅で受講できるほか、初心者にもわかりやすい教材を提供しており、1日30~40分の勉強で、最短2ヶ月で資格取得できると謳っているスクールもあります。時間を節約したい方を中心に楽しく勉強できて、資格を取得できたと口コミで評判が広がっています。優良通信教育社の一つである、諒設計アーキテクトラーニングが提供している「住まいアドバイザーW資格取得講座」は日本生活環境支援協会主催の「住まいアドバイザー」の資格と日本インストラクター協会が主催している「建築材料インストラクター」の資格を同時に取得することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です