ワインコンシェルジュの概要と評判と口コミについて

ワイン

SHARE

ワインコンシェルジュの概要と評判と口コミについて

ワインコンシェルジュって何?

ワインコンシェルジュとは、原料となるブドウ品種ごとの特徴を把握し、世界のワイン市場への理解、基本情報を有した方に与えられる資格です。

受験するためには

受験に関する情報は以下のとおりです。

【受験概要】

受験資格:特になし
受験料:10,000円※消費税込み
受験申請:インターネットからの申込
受験方法:在宅受験
合格基準:70%以上の評価画必要
試験日程:2カ月おきに実施

評価や口コミは!?

外食産業が非常に盛んとなった現代ではワインを提供する店も増えてきており、ワインを触れる機会が増えてきました。今後も物流の発展、インテーネットの発展に伴い、誰でもワインを気軽に味わえる機会が増えてくると予想されます。ワインソムリエまではいきませんが、ワインに対する基礎知識を有している人材を求める傾向にもあります。

ワインはビジネス上の会食やプライベートの会食の両方に提供されます。また、ワインは初対面の人と打ち解けるためのツールとして選ばれてきた経緯があります。海外ではお酒の席で商談が決まることも決して珍しくありません。そのため、ワインは世界共通のコミュニケーションのツールとして愛されています。

一般の方も含め、手軽に味わえるワインの良さを伝えることができるのがワインコンシェルジュです。日本安全料理協会が主催するワインコンシェルジュ認定試験ではワインの歴史、産地・特徴、格付け、分類、サーブやブドウの栽培と品種、ワイン法、ワインの造り方、ワインと料理についての基本知識を習得することができます。受験される方は現在飲食店を経営されている方や飲食業界に従事される方も多く、将来、飲食店を経営したい方にもおすすめです。趣味の延長線上から始められることから、定年退職をされた方や若い人も取得しやすい資格です。飲食店や業界にかかわらず、現在、営業をされている方にもおすすめです。ワインコンシェルジュ認定試験ではワインと相性の良い料理や食品に関する知識を学べるため、会食の機会が多い営業マンには話のネタにもなり、おすすめです。資格習得後はワインコンシェルジュとして、イタリヤ料理やフランス料理などを提供する外食店や総合チェーン店への就職・転職に役に立ちます。また、飲食店でアルバイトをされている方にも他の方と差別化することができます。将来、ワインソムリエとして活動したい方にもワインに関する基礎知識を得たい方にもおすすめです。

ワインコンシェルジュ認定試験は日本食品料理協会が主催しています。日本安全食料料理協会が主催する認定試験は2ヶ月毎に開催しています。インターネットから申し込みをし、在宅での受験のため、その他の資格受験のように受験地へ足を運ぶ必要がありません。そのため、北海道や沖縄といった遠方地にお住まいの方も気軽に受験を行うことができます。難易度に関しては日本安全食料料理協会が主催するその他の認定試験と同様に70%以上の評価としています。ワインコンシェルジュ認定試験は独学での習得も可能です。忙しくて、勉強に充てる時間がなかなか取れない方や資格取得の時間をなるべく短縮されたい方には通信講座がおすすめです。楽しみながら、資格を取得することができます。
ワイン  ソムリエ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です