ライフ環境アドバイザーの概要と評判と口コミについて

shikakusyutoku

SHARE

ライフ環境アドバイザーの概要と評判と口コミについて

ライフ環境アドバイザーって何?

ライフ環境アドバイザーとは、住宅改善、福祉用具や諸施策情報のアドバイスを行い、高齢者・障害のある方を含めた多くの人に快適なな環境を提案する人に与えられる資格です。

受験するためには

受験に関する情報は以下のとおりです。

【受験概要】

受験資格:特になし
受験料:10,000円※消費税込み
受験申請:インターネットからの申込
受験方法:在宅受験
合格基準:70%以上の評価画必要
試験日程:2カ月おきに実施

今後の日本に需要がある資格

少子高齢者社会に突入し、今後も日本国民の5人に1人が高齢者となる日本ですが、高齢者や障害のある方が快適に暮らせる環境であるとはまだ言えません。しかし、世界第三位先進国でもあります。そのため、諸外国の医療開発機器メーカーが高齢化社会である日本を開発拠点として選択する事例が増えてきています。そのため、今後はより長生きされる高齢者の数も増えるため、それに対応して環境の需要が高まりつつあります。また、福祉・医療施設などは充実してくるようになりましたが、日常生活を送る自宅などの環境はまだまだ改善が必要です。さらに在宅介護サービスも今後拡大が予想されるため、それに対応した快適な住生活が必要とされます。そういった高齢者や障害のある方だけでなく、彼らを取り巻く人々に快適な環境を提案するのがライフ環境アドバイザーです。

評価や口コミは!?

ライフ環境アドバイザーは誰でも気軽に受験することができます。現在、福祉・医療関係に従事されている方やこれから福祉・医療関係に就職・転職されようとしている方におすすめの資格です。現在ご家族に高齢者や障害のある方がいらっしゃる方にも自宅介護を補助する基本知識が得られると評判が高い資格となっています。ライフ環境アドバイザー認定試験は日本生活環境支援協会が主催しています。日本生活環境支援協会が主催する認定試験は2ヶ月毎に開催しています。インターネットから申し込みをし、在宅での受験のため、その他の資格受験のように受験地へ足を運ぶ必要がありません。そのため、北海道や沖縄といった遠方地にお住まいの方も気軽に受験を行うことができます。難易度に関しては日本生活環境支援協会が主催するその他の認定試験と同様に70%以上の評価としています。

資格習得後はライフ環境アドバイザーとして、介護をされている方やそのご家族に対して、ライフ環境のアドバイスを行うことができます。また、セミナーやカルチャースクールで講師活動を行うことができます。今後、介護や福祉関連に就職・転職への自己PR材料として活用することができます。

資格を取得するには通信講座がおすすめ

ライフ環境アドバイザーは独学でも取得することができます。しかし、資格取得に多くの時間を割けない方や効率的に資格を習得されたい方には通信講座がおすすめです。初心者でもわかりやすい教材を提供している通信教育社も多く、1日30~40分の勉強時間で、最短2ヶ月で取得できるカリキュラムが用意されています。仕事や家事が忙しい方にとっては頼もしいと口コミで評判になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です