ハーブライフインストラクターの概要と評判と口コミについて

ハーブ

SHARE

ハーブライフインストラクターの概要と評判と口コミについて

ハーブライフインストラクターって何?

ハーブライフインストラクターとは、ハーブを生活に取り入れ、より充実した生活を提供する人へ与えられる資格です。

受験するためには

受験に関する情報は以下のとおりです。

【受験概要】

受験資格:特になし
受験料:10,000円※消費税込み
受験申請:インターネットからの申込
受験方法:在宅受験
合格基準:70%以上の評価画必要
試験日程:2カ月おきに実施

評価や口コミは!?

料理の香辛料として、日本でも馴染みの深いハーブですが、近年では美容や疲労回復といった薬効作用が注目されています。特に独身の女性たちの間ではリラックス効果をもたらしてくれるハーブを含んだアロマオイルやハーブティーなどが人気となっています。インターネットの発達で、ECサイトでハーブを提供する企業や個人も多くなり、ハーブを手に入れやすい環境になってきました。飲食店や個人でもハーブを利用した料理や飲み物を楽しめることができるようになりました。そのため、心の癒しや落ち着きを与えてくれるハーブは日常生活に取り入れる方も多くなっています。そういったハーブの需要に応え、ハーブによる心身への癒しの技術を指導する、提案をするのがハーブライフインストラクターです。

ハーブライフインストラクター認定試験では、ハーブを使った料理、歴史、有効成分、ブレンドと効果の基礎知識、ハーブティーの淹れ方、道具についても学ぶことができます。その他、フレッシュハーブやドライハーブの知識も知ることができます。

趣味の延長線上で始めることもできるため、女性を中心に人気となっています。ハーブは料理にも直接使用することができるため、主婦の方にも人気となっています。しかし、ハーブには危険な作用もあります。ハーブの中には強い効果があるハーブもあり、使い方やブレンド方法を間違えると強い幻覚作用や高揚感を引き起こし、中毒症状を引き起こしてしまいます。最近では脱法ハーブを販売したとして、ハーブサロンが摘発されたニュースは記憶に新しいと思います。

ハーブによる効能に熟知し、正しいブレンド、使用方法を提供する責任も求められます。ハーブライフインストラクター認定試験は日本安全食料料理協会が主催しています。日本安全食料料理協会が主催する認定試験は2ヶ月毎に開催しています。インターネットから申し込みをし、在宅での受験のため、その他の資格受験のように受験地へ足を運ぶ必要がありません。そのため、北海道や沖縄といった遠方地にお住まいの方も気軽に受験を行うことができます。難易度に関しては日本安全食料料理協会が主催するその他の認定試験と同様に70%以上の評価としています。

ハーブライフインストラクター認定試験は独学でも取得が可能です。趣味の延長線上で始められ、勉強しながら資格を取得することができるのでおすすめです。資格取得に多くの時間を割くことができない方や短時間で資格を取得されたい方は通信講座を利用すると良いでしょう。

資格習得後はハーブによるアロマオイルを使ったサロンを開業する、カルチャースクールの講師、趣味としてご家族や友人にハーブによる生活企画を提案することができます。
ハーブ  ハーブ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です