ネイルアートデザイナーの概要と評判と口コミについて

shikakusyutoku

SHARE

ネイルアートデザイナーの概要と評判と口コミについて

ネイルアートデザイナーって何?

ネイルアートデザイナーとは、爪、皮膚の構造に熟知し、感染と免疫、爪の病気や衛生管理などアート以外の知識を習得し、ネイルアート、リベア、イクステションなどの技術を習得した方に与えられる資格です。

受験するためには

受験に関する情報は以下のとおりです。

【受験概要】

受験資格:特になし
受験料:10,000円※消費税込み
受験申請:インターネットからの申込
受験方法:在宅受験
合格基準:70%以上の評価画必要
試験日程:2カ月おきに実施

評価や口コミは!?

手元を鮮やかに演出するネイルアートや主婦やOL、学生など幅広い層に人気です。そのため、ネイルアートデザイナーの需要も増えており、ネイルアートサロンの開業も増えています。ネイルアートデザイナーはネイルサロンに勤めている方にも人気な資格でもあります。また、これからネイルアートデザイナーを目指したい方にもおすすめの認定試験です。資格を習得した後はネイルサロンへの就職・転職、ネイルサロンの開業、自宅でネイルアートを開業、さらにはネイルアート教室を開き、講師として活動することができます。ネイルサロンは他の業種よりも費用面でも開業しやすいため、人気の職業になっています。

趣味の一環としてもはじめることができるため、ネイルアートデザイナー認定試験を受験する方も多くなっています。自分自身のネイルに施す方、友人・ご家族に施す方、他の人にネイルアートのやり方を教える、アドバイスを行うこともできます。結婚、出産、子育てで一時的に労働の場から離れて、社会復帰を果たす目的でネイルアートデザイナー認定試験を受験される方もいらっしゃいます。ネイルアートというと手の指の爪を彩るイメージがありますが、最近では足のネイルにアートを施す方も増えています。春や夏など暖かい季節に人気で女性が愛用するサンダルにも相性が良いとされています。また、ネイルアートは口コミがされやすい特徴があります。自身で作成したネイルアート作品をフェイスブックやツイッターなどのSNSで投稿し、口コミで評判が広がりやすいとされています。そのため、最初は趣味の範囲内だった方が本格的にネイルサロンに勤める、開業されるといったケースも少なくないようです。

ネイルアートデザイナーはネイルアートの基本知識だけでなく、実践での経験が必要とされます。また、依頼主のアレルギーや爪の病気の有無などを正確にヒアリングし、事故が起きないように注意を払う必要があります。また、依頼主の要望に合ったデザインを提案し、処置を行います。そのため、コミュニケーション能力の向上も期待できます。日本デザインプランナー協会が主催する認定試験は2ヶ月毎に開催しています。インターネットから申し込みをし、在宅での受験のため、その他の資格受験のように受験地へ足を運ぶ必要がありません。そのため、北海道や沖縄といった遠方地にお住まいの方も気軽に受験を行うことができます。難易度に関しては日本デザイナープランナー協会が主催するその他の認定試験と同様に70%以上の評価としています。独学での資格取得も可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です