コーヒーソムリエの概要と評判と口コミについて

コーヒー

SHARE

コーヒーソムリエの概要と評判と口コミについて

コーヒーソムリエって何?

コーヒーソムリエとは、コーヒー豆の産地、種類、生豆の見分け方や焙煎についての知識を有し、コーヒー選びから飲むに至るまでの適切な過程をアドバイスする方に与えられる資格です。

受験するためには

受験に関する情報は以下のとおりです。

【受験概要】

受験資格:特になし
受験料:10,000円※消費税込み
受験申請:インターネットからの申込
受験方法:在宅受験
合格基準:70%以上の評価画必要
試験日程:2カ月おきに実施

評価や口コミは!?

南米で発見されて以降、薬や儀式に使われ、現在でも愛好家がいる人ほど、生活に密着しています。喫茶店やカフェ店だけでなく、オフィスにも常備されています。外資系のコーヒー専門店が参入し、ファーストフード店やコンビニエンスストアでも次々と導入されており、今後も拡大が予想されるのがコーヒー市場です。そのため、コーヒーはいつでもどこでも飲めるようになり、価格帯もさまざまです。また、一部の愛好家の中では市販や手軽に飲めるインスタントコーヒーでは満足できない方もいらっしゃいます。このような一般のコーヒーに満足できない愛好家や一般の人向けに産地や種類にこだわったコーヒーを提供するのがコーヒーソムリエです。人気のある喫茶店やカフェを経営したい方はもちろん、自宅で美味しいコーヒーを飲みたい、友人や家族に提供されたい方にはおすすめの資格です。

コーヒーソムリエは美味しい生豆の見分け方やフレンチプレス、イタリアンローストといった正しい焙煎方法や種類、コーヒー豆の知識などが求められます。最近のコーヒーチェーン店ではしっかりとしたマニュアルがあるため、このような知識が求められることはありませんが、店長などの責任者はスキルアップとして、習得するのもよいでしょう。また、アルバイトであっても、コーヒーソムリエを取得しておけば、その他のアルバイトと差別化できるだけでなく、正社員登用にもつながる可能性があります。将来、カフェや喫茶店を経営したい方にもおすすめの資格です。趣味の延長線上で始めることもできるため、楽しみながら、資格を習得することができます。コーヒーソムリエ認定試験は日本安全食料料理協会が主催しています。日本安全食料料理協会が主催する認定試験は2ヶ月毎に開催しています。インターネットから申し込みをし、在宅での受験のため、その他の資格受験のように受験地へ足を運ぶ必要がありません。そのため、北海道や沖縄といった遠方地にお住まいの方も気軽に受験を行うことができます。難易度に関しては日本安全食料料理協会が主催するその他の認定試験と同様に70%以上の評価としています。

資格を習得するなら、通信講座がおすすめです

諒設計アーキテクトラーニングが提供するカフェ・コーヒーW資格取得講座がおすすめです。1つの口座を受講することで「コーヒーソムリエ」と「カフェマイスター」の資格を両方取得することができるので、忙しく時間がない方にはおすすめです。
カフェ  カフェ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です