キャンドルデザインマスターの概要と評判と口コミについて

キャンドル

SHARE

キャンドルデザインマスターの概要と評判と口コミについて

キャンドルデザインマスターって何?

キャンドルデザインマスターとは、キャンドル製作に関する知識、技術をある一定以上の水準を持っている資格者です。※キャンドルデザインマスターはキャンドルデザインマスターへ名称が変更となります。試験範囲、合格基準に変更はありません。

受験するためには

受験に関する情報は以下のとおりです。

【受験概要】
キャンドルの材料、特徴、製作工程を問われます。

受験資格:特になし
受験料:10,000円※消費税込み
受験申請:インターネットからの申込
受験方法:在宅受験
合格基準:70%以上の評価画必要
試験日程:2カ月おきに実施

評価や口コミは!?

キャンドルマイスターは通常のキャンドル製作だけでなく、カラー・デザインなどの創意工夫を行い、クライアントの要望に沿ったキャンドルを製作できる技術が必要とされます。キャンドルはリラックス効果があるとして、アロマキャンドルやデザインを重視したキャンドルの人気が高まっています。そのため、自ら製作を行う女性も増えています。自分自身や友人へのプレゼント、ハンドメイドキャンドルの販売などを行うことができ、人気の認定試験となっています。昨今では女性をターゲットにしたキャンドルショップやインターネットショップでも取り扱いが増えています。

インターネットの発達により、個人製作したものを販売することが容易となっています。そのため、独立・開業を行う方にとっては心強い資格となります。またキャンドルは他の雑貨に比べて、2000円~3000円と単価が高く、高額なものは数万円をするカテゴリーです。そのため、小売店オーナーとしてはオリジナルで作成ができて、かつ単価が高いため、魅力的な商品となります。現在ではどの通信講座スクールもキャンドルマイスター認定試験用教材を扱っており、2015年の人気急上昇中の資格1位にも選出されたスクールもあります。

趣味の延長線上で始められ、キャンドルの魅力に虜となる方も少なくありません。最近ではアロマオイルを配合したアロマキャンドルがリラックス効果を促すため、女性を中心に人気です。自分オリジナルのキャンドルを製作し、友人やご家族にプレゼントされている方もいらっしゃいます。追求すればするほど奥深いキャンドルは副業としても趣味としてもおすすめです。

キャンドルデザインマスターはその見た目だけでなく、ロマンチックな雰囲気を作り出す技術も必要となります。認定試験では基礎知識にのみに限定されていますが、資格取得後は自分の感性を磨き、日常に癒しを与えるキャンドル作りにまい進することができます。初めての方でも既にキャンドル販売をされている方にもおすすめの認定試験です。

おすすめは通信講座のW受講

「諒設計アーキテクトラーニング」が提供している「キャンドルデザインマスター W資格取得講座」はキャンドルデザインマスターと日本インストラクター協会が主催しているキャンドルアドバイザー両方の資格が取れるようになっています。1つの講座で同時に2つ資格が取れるため、勉強しながら資格取得できます。
キャンドル  キャンドル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です