キャンドルアドバイザーの概要と評判と口コミについて

キャンドル

SHARE

キャンドルアドバイザーの概要と評判と口コミについて

キャンドルアドバイザーって何?

キャンドルアドバイザーとは、ベーシックキャンドルをはじめとした、さまざまなキャンドル制作技術を習得し、他社に教えることが顔ぬと判断された方に与えられる資格です。

受験するためには

受験に関する情報は以下のとおりです。

【受験概要】

受験資格:特になし
受験料:10,000円※消費税込み
受験申請:インターネットからの申込
受験方法:在宅受験
合格基準:70%以上の評価画必要
試験日程:2カ月おきに実施

評価や口コミは!?

キャンドルは癒しの効果があり、アロマオイルと組み合わせることでリフレッシュ効果やリラックス効果を得ることができるため、女性の間で流行しています。部屋のインテリアとしても需要が高く、趣味の一環として収集されている方もいらっしゃいます。インターネットの発達により、ECサイトなどですぐに入手することができるようになったため、キャンドルは身近な存在となりました。そんな女性に人気なキャンドルを自作、指導することができるのがキャンドルアドバイザーです。趣味の延長線上で始められることあり、女性を中心に人気が上がっている資格です。

キャンドルアドバイザー認定試験ではベーシックキャンドル(ラウンド、スクエア、コーン、ボール、テーパー、スパイラルなど)をはじめ、カップキャンドルやフローティングキャンドル、モチーフキャンドル、グラスキャンドルの他にも人気の高いアロマキャンドルの制作に必要な技術を学ぶことができます。キャンドルアドバイザー認定試験は日本インストラクター協会が主催しています。日本インストラクター協会が主催する認定試験は2ヶ月毎に開催しています。インターネットから申し込みをし、在宅での受験のため、その他の資格受験のように受験地へ足を運ぶ必要がありません。そのため、北海道や沖縄といった遠方地にお住まいの方も気軽に受験を行うことができます。難易度に関しては日本インストラクター協会が主催するその他の認定試験と同様に70%以上の評価としています。

資格習得後はキャンドルアドバイザーとして、自宅でキャンドル制作教室を開く、他社に対してキャンドル制作のアドバイスを行うことができます。また、自作したキャンドルをインターネットオークションやインターネットショップで販売することできます。ご家族や友人へのプレゼントとして、喜ばれたという評判もあります。

キャンドルアドバイザーは独学での取得が可能です。資格受験のために多くの勉強時間を割けない方や効率的に資格取得をして時間を節約したい方には通信教育がおすすめです。初めての方にもわかりやすい教材を提供しているスクールもあり、無料で何度も質問・相談を行うことができるため、口コミで評判となっています。また、1日40分ほどの勉強時間で資格取得できるようにカリキュラムが組まれているため、無理なくマイペースで進めることができます。諒設計アーキテクトラーニングが提供している「キャンドルデザインマスター W資格取得講座」は「キャンドルデザインマスター」と「キャンドルアドバイザー」の2つの資格が同時に取得できます。
キャンドル  キャンドル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です