カフェオーナースペシャリストの概要と評判と口コミについて

コーヒー

SHARE

カフェオーナースペシャリストの概要と評判と口コミについて

カフェオーナースペシャリストって何?

カフェオーナースペシャリストとは、カフェオーナーとしての知識とそれを実務として活用できる力を有している方に与えられる資格です。

受験するためには

受験に関する情報は以下のとおりです。

【受験概要】

受験資格:特になし
受験料:10,000円※消費税込み
受験申請:インターネットからの申込
受験方法:在宅受験
合格基準:70%以上の評価画必要
試験日程:2カ月おきに実施

評価や口コミは!?

将来カフェ経営を行いたいと思っている方におすすめの資格です。カフェオーナースペシャリスト認定試験はマーケティングの知識、戦略、開業運営に必要な知識や開店時に必要な内装・設備などの知識も習得できます。また、商品サービスの仕組みやカフェの企画、運営計画についても学ぶことができます。カフェだけでなく、総合レストランや飲食店の開業にも役に立ち、これからカフェの開業を考えている方や現在カフェ店に勤めている方のスキルアップとしてもおすすめの資格です。現在、日本のカフェ市場は目まぐるしく変化しています。外資系のコーヒー店の参入や、ファーストフード店やコンビニエンスストアもこぞって参入しています。そんな競争率の高いカフェ市場において、コーヒーや紅茶がコモディティー化する一方でオリジナルを重視した個性的なカフェが人気を得ています。カフェオーナーはチェーン店と比べて、土地柄や地元住民に合わせたサービスを企画・計画・提供することが比較的容易です。そのため、差別化もしやすく、リピート客も作りやすいメリットがあります。

資格習得後は実際に自分でカフェ経営を行う、カフェオーナースペシャリストとして、カフェ経験を活かしたコンサルティングを行う講師としても活躍することができます。カフェ経営はほかの飲食店に比べても、利益率が高く、開業コストも低いため、飲食店で独立されたい方にも人気です。そのため、カフェーマイスター認定試験を受験される方も人気があります。現在ではフェイスブックやツイッターなどのSNSを活用することで、口コミによる繁盛も可能です。そのため、小規模のカフェの経営も人気となっています。自宅を改装し、土日限定で営業する、ランチの時間帯のみ営業するカフェも存在します。日本安全食料料理協会が主催する認定試験は2ヶ月毎に開催しています。インターネットから申し込みをし、在宅での受験のため、その他の資格受験のように受験地へ足を運ぶ必要がありません。そのため、北海道や沖縄といった遠方地にお住まいの方も気軽に受験を行うことができます。難易度に関しては日本安全食料料理協会が主催するその他の認定試験と同様に70%以上の評価としています。

資格を習得するなら、通信講座がおすすめです

カフェオーナースペシャリスト認定試験は独学での合格も可能です。しかし、諒設計アーキテクトラーニングが提供するカフェ・コーヒーW資格取得講座は1つの口座を受講することで「コーヒーソムリエ」と「カフェオーナースペシャリスト」の資格を両方取得することができるので、忙しく時間がない方にはおすすめです。
カフェ  カフェ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です