エクステリアアドバイザーの概要と評判と口コミについて

エクステリア

SHARE

エクステリアアドバイザーの概要と評判と口コミについて

エクステリアアドバイザーって何?

エクステリアアドバイザーとは、造園・建築関連の知識を取得しており、実務上で活用できる資格者です。

受験するためには

受験に関する情報は以下のとおりです。

【1級受験概要】
2級で問われる基礎知識に加え、実務上で活用できる技術を有しているかを問われます。

受験資格:特になし
受験料:10,000円※消費税込み
受験申請:インターネットからの申込
受験方法:在宅受験
合格基準:70%以上の評価画必要
試験日程:2カ月おきに実施

【2級受験概要】
植栽や材料に関する知識及び工程、積算、原価管理の基礎知識などの幅広い知識が問われます。

受験資格:特になし
受験料:10,000円※消費税込み
受験申請:インターネットからの申込
受験方法:在宅受験
合格基準:70%以上の評価画必要
試験日程:2カ月おきに実施

評価や口コミは!?

主に建物の外構(外回り)の施行に関する知識や技術が求められる資格がエクステリアアドバイザーです。植栽、外壁塗装、レンガ・ブロックの知識や照明などの電気系統の知識といった専門知識が多いため、一般の方や知識・経験ゼロの方が受ける人は少ないようです。元々、外構工事に従事されている方(ガーデンデザイナーや建築コンクリートブロック工事士など)が取得される認定試験です。施行工事の技術よりもコンサルティング業務として、顧客への提案業務が主な業務となります。資格のレベルも一般的な植栽の知識や外構に関する幅広い知識を問う2級と施行にかかる工数や工程、積算、原価管理計算などの高度な運用実務が求められる1級があります。そのため、自分自身のステータスや職務に合った認定を受けることができるため、専門家には人気です。

評価が高いもう一つの理由は取得と同時に専門知識を有していると評価されることです。施行や工程管理など独学で学んだ部分との相違点を見つけることができた、実践的な内容を習得することができたという評判が目立ちます。自分自身のキャリアアップに大きくつながることが評価点として多いようです。

インテリアデザイナー、インテリアアドバイザーと同様に在宅受験ができる点も好評です。建築関連は土曜日も仕事があるため、仕事終わりに受験できることが良いとされています。在宅での受験は緊張を和らげ、落ち着いて試験に臨める、試験開始直前まで勉強することができることもメリットの一部として評価が高いです。

資格習得後はどうなる!?

住宅の外構工事の図面作成や依頼主への提案業務を依頼されます。CADを使った図面作成も業務内容として盛り込まれることもあるので、CAD認定試験と一緒に習得するとなお良いでしょう。また、新築だけでなく外構工事はリフォーム現場でも求められます。そのため、需要も高く、建設が予定されている個人住宅や商業ビルなどの現場でも召集される可能性があり、専門職が色濃い資格ともいえます。現場の仕事だけでなく、DIYで庭園改修をしたい、もしくは趣味で庭園リフォームを行いたい人に対して、講師として指導することもできます。造園・建築のプロフェッショナルを目指す上では取得しておくべき認定試験でもあります。
エクステリア心理カウンセラー  エクステリア心理カウンセラー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です