インテリアデザイナーの概要と評判と口コミについて

インテリアデザイナー

SHARE

インテリアデザイナーの概要と評判と口コミについて

インテリアデザイナーって何?

インテリアデザイナーとは、インテリアの商品知識や販売技術を有し、インテリアデザイナーとしての理解力及び表現力を有している資格者です。

受験するためには

受験に関する情報は以下のとおりです。

【受験概要】
家具・照明に関する知識及び販売技術の基礎知識が問われます。

受験資格:特になし
受験料:10,000円※消費税込み
受験申請:インターネットからの申込
受験方法:在宅受験
合格基準:70%以上の評価画必要
試験日程:2カ月おきに実施

評価や口コミは!?

インテリアのみに関わらず、建築や住宅業界に従事する方が多く取得しています。
実際に取得した後にお客様のお礼の言葉や担当したデザインがコンペで選出されたことによる達成感が大きいとのことです。家具や照明などの基本知識が身につくため、家具が好きな方にもおすすめの資格です。仕事上でもプライベートでも満足度の高い仕事の一つといえます。インテリアデザイナーとして、一つのステータスとなるため、現在インテリアデザイナーとして活躍されている方もこれからインテリアデザイナーになる方にもおすすめの資格です。

在宅ワークとしても取り入れることが可能で、講師として独立開業もできる資格として人気です。インテリアデザイナー認定試験を主催している日本デザインプランナー協会は2ヶ月毎に試験を実施しており、資格得る機会も多いのが人気の理由の一つです。特にインテリアデザイナー認定試験では専門知識よりもインテリアに関する幅広い知識(商品知識やデザイン、販売スキルなど)を得られることでも人気です。実際にインテリア関連企業への転職や就職の自己PR材料にもなります。

在宅受験のスタイルにも好評があります。実際、インテリアに関わる仕事は小売点も多く、土日出勤の方も多数いらっしゃいます。しかし、インテリアデザイナー認定試験は在宅受験方式を採用しているため、期日内であれば、受験できるメリットがあります。

さらにインテリアデザイナーの方はフリーランス(個人事業主)として活動されている方も多く、将来独立したい方にもおすすめの認定試験です。また、美術・デザイン知識のみならず、インテリアを作成するために必要な知識(材料原価の計算など)も身につきます。予算などを考慮した提案力、デザイン力が身につけることができるのもインテリアデザイナー認定試験のメリットです。企業などで経験を積み、より実践的な提案やデザイン(依頼主の希望予算内で作成するなど)をすることができれば、多くの依頼を受けることができます。その際にインテリアデザインの詳細を説明する必要があるため、プレゼンテーション能力も必然的に身につくことも評判が高い理由です。

資格取得後は!?

資格習得後はインテリア関連企業への企画・デザイン、またインテリア販売店への就職に有利となります。インテリアは幅広い世代に需要があるため、カルチャースクールの講師として活動することも可能です。日々の暮らしに密着したインテリアデザインは今後も需要が高まり、注目を浴びています。なかには被災された方で地震に強い住居・町作りの仕事に従事したいと決意し、資格を取得された方もいらっしゃいます。
インテリアデザイナー  インテリアデザイナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です