ワインの正しい頼み方、飲み方について

紅茶

SHARE

ワインの正しい頼み方、飲み方について

ワインの選び方

ワインは自分で選ぶのも楽しいですが、ソムリエに任せるという手もあります。好きなテイストを伝えれば合うものを選んでいただけます。だいたいコースの半分くらいの価格のものが合うといわれていますが、予算をはっきり伝えて選んでもらっても失礼にはあたりません。

ワインを飲むまでの流れ

大体の場合、ソムリエの方がワインのラベルを見せてくださるので、確認します。問題なければソムリエが栓を抜き、まずは少しだけホストのグラスに注ぎます。

注いでもらったらグラスを手にとり、色や透明感を確認して香りをチェックします。この時はグラスを回さず、色などを確認してからグラスをテーブルに置いたままで軽く回して香りをもう一度確認します。問題なければ最後に一口含んで味のチェックをし、よければソムリエに伝え、みなさんのグラスに注いでもらいます。コルクを手渡された場合は、香りのチェックをして下さいという事なので液面に触れていた部分の香りを確認しましょう。

一応このような流れになっていますが、よほどワインに詳しい場合でなければそこまできっちり確認する必要はなく、料理がメインの場合はそこまでワインのテイスティングに時間を掛けなくてもよいでしょう。形式だけざっくり流す位に思っておいてよいようです。

ワイングラスの使い方

いろいろなワイングラスを見かけますが、ワインの味によって、その味が一番引き立つようなグラスが使われます。舌の先は甘みと苦み、両脇は酸味に敏感なので、舌の先で味わいたい場合は広口のグラス、舌の奥で味わいたい場合は細いグラスというように使い分けるようにしています。

正式な場所では、グラス同士を合わせて音を立てる事はしないのがマナーです。というのも、フォーマルなお店であればあるほどグラスは薄く作られているので、うっかり割れてしまう事があるのです。胸の高さ程度に上げて、目線を合わせる程度で構いません。

よくある間違い

ワインは基本的に男性が注ぐものとされており、手酌は良くないので控えましょう。基本的にはスタッフの方におまかせします。そそいで貰う時はグラスを持たないようにします。手を添える必要もありません。日本酒とは大きな違いなので注意して下さい。

ワイングラスを持つ際、ステム(細い脚の部分)を持つのは、ワインの温度が手の暖かさで変化してしまうのを防ぐためとされてきましたが、近年ではそれほど影響がない事が分かっており、本体の部分を持つのが国際的なマナーとされています。

ステムの部分を持つのは、テイスティングなどの際にグラスの横から色や粘性を確認する時だけです。私達がなんとなくステムの部分を持つのを見慣れているのは、ソムリエの印象が強いためと考えられています。

まとめ

詳しい方はとにかく詳しいワインですが、そうでない場合ワインの事をいろいろ聞かされても何がなんだか正直よくわからないものです。西洋のお料理にワインは良く合いますが、言葉を尽くして感想を述べる必要はありません。そもそも「濡れた子犬みたいな味」が褒め言葉になる世界なので、下手に練るとうっかり悪口になってしまう可能性が捨てきれません。ワインを表現する言葉には民族性が出ているので、日本人にはなかなか難しい部分があります。緊張せず、普通に飲めば十分です。

ワインのルールも様々なものがあり、中にはグラスの脚を持たないなどのちょっと意外なものがあります。基本的にはがさつに振る舞わず、ソムリエの方にお任せするという姿勢でいれば問題はないかと思いますが、何か変な事をしていないかな?と心配にならないように簡単な事だけ押さえておくと安心です。

ワイン  ソムリエ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です