フルコースの主役、肉料理の正しい食べ方について

shikakusyutoku

SHARE

フルコースの主役、肉料理の正しい食べ方について

肉料理はメインディッシュでフルコースであれば主役にあたるものです。調理法も様々なので、いろいろなパターンで出て来る事が考えられますが、どんなパターンで来ても恥ずかしくないよう、それぞれの正しい戴き方についてまとめました。

お肉料理の正しい食べ方

menu-1141333_640

肉料理全体に共通したマナーとしては、左端から一口大に切って食べるというものがあります。初めに一片に切ってしまうと、肉汁が流れ出してしまうので良くないとされています。ナイフは前後にがしがし動かさず、手前に引けば切れるはずです。また、肉の種類によってはなかなか切り離しづらい事もありますが、ナイフとフォークで引き裂くような事がないよう、きっちり切れている事を確認してから食べるようにします。

小さく切って食べる事が前提ですが、調理方法によっては手で持ってもマナー違反にならない場合もあります。

困りがちな事例

rack-of-lamb-719639_640

骨が付いていたら

骨が付いている肉はかなり食べづらいものですが、食べづらいからといって骨の周りの肉を残してしまうのは非常にもったいないです。やはり改まった席では骨を持ってかぶりつくのはNGですが、骨付き肉の場合は手で掴んでも良い場合があります。まずは一口ずつに切って食べて行きますが、骨の周りに少し肉が付いている状態まで食べ終えたら骨を持って周りの肉を食べてもマナー違反にはなりません。無理をして骨の周りをナイフとフォークで外そうとして落っことしてしまったり、お皿に当てて音を立ててしまうよりはこちらの方が良い方法です。

パイ包みの場合

パイで包まれたお料理の場合は、手前からスプーンでパイを崩していただきます。初めに全部をバラバラにしないようにしましょう。また、お皿をパイ生地て包んでから焼き上げる場合、器にパイがくっつく事がありますが、これは剥がして食べずにそのままのこします。

串焼きの場合

フルコースで、串焼きのお料理が提供される事があります。プロシェットと呼ばれるもので、鶏肉などの肉類、野菜などを交互に串に刺して焼きます。

焼き鳥などの感覚だと串を持って食べるイメージになりますが、西洋では串を持って食べるのはお行儀が悪いとされているので、左手に串を持って右にフォークを持ち、まずは串から全部外します。串が熱ければナプキンを使っても構いません。

串はお皿の向こう側に置き、外した具材を一口大に切っていただきます。

よくある間違い

pinchitos-965997_640

一番間違えやすいのは、プロシェットの食べ方かと思います。一般的にプロシェットというとかなり大きな金串にささっている事が多いので、さすがにこれを手にもってかぶりつくという間違えはなさそうですが、どんなに小さい串に刺さっていても、串を手に持って食べてはいけません。

また、スープのように見えるビーフシチューですが、中の肉については肉料理のマナーが適用されます。スープはスプーンで、具はナイフとフォークでいただきましょう。

まとめ

細かいマナーはありますが、おおまかに言えば、思いっきりかぶりついたり見るからに野蛮な事をしなければOKのようです。日本人が間違えやすそうなのは串焼きの場合くらいかと思います。

肉料理はコースの中でも特にメインとして出されるものなので、その分様々な調理方法があります。骨の近くこそが美味しい、という場合もあるので、どんな方法で来てもきれいに全てを味わえるよう心がけたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です