ナプキンを広げるタイミングについて

shikakusyutoku

SHARE

ナプキンを広げるタイミングについて

レストランで食事をする際、テーブルにはナプキンが用意されているかと思います。ナプキンには汚れを拭いたり、洋服に汚れが付くのを防ぐだけではなく、給仕の方に合図やサインを送る役割をもっています。そのため、広げるタイミングには注意が必要です。早すぎず遅すぎず、主賓の後に広げるようにしましょう。

正しいタイミング

restaurant-727992_640

座って早々広げるのではなく、みんなが着席した後に、さらに主賓がいる場合は主賓がナプキンを手に取るまでは広げずに待ちます。

パーティーの席であれば乾杯が済んだ後がベストのタイミングです。

ただし、遅すぎると料理を待つ心構えができていないように見えてしまいよくないので、主賓がはっきりしない場合などは、オーダーが済んでから食前酒や前菜がサーブされる前までに広げて待つようにします。

尚、ナプキンは長方形になるように広げ、輪の方(折り目の方)を自分のお腹に向けるようにして膝に載せます(焼肉屋さんのエプロンのように、衿にはさんでよだれかけにしてはいけません)。一枚で広げる・三角に折畳んで載せるというのは特にマナー違反ではありませんが、こだわりがなければ長方形にしておくのが無難です。

よくある間違い

man-973240_640

机の上に置いてあるので座ってすぐに何気なく広げてしまう事がありますが、ナプキンを広げるのは「お料理をいただく準備ができている」というサインを示しています。そのため、あまりにも早いと料理を催促しているように見えてしまう場合があります。

主賓のいる席であれば何をするにしても主賓の動きがあってから、というのは間違えないかと思いますが、あまりにもナプキンを広げるのが遅いと「まだ準備ができてません」という事になり給仕の方が困ってしまう場合があるので、食事が来る前には広げて待つようにしましょう。

特に、自分が主賓になった場合は周りの方が自分に合わせて動く事になるので要注意です。周りの方は「そろそろナプキンを広げないといけないのに、主賓が広げないのでいつまでたっても広げられない」と思われてしまいます。お食事が来る前には広げておくもの、と考えておいて下さい。

心遣いがあればOK

christmas-1109921_640

基本的には、その席の方が全員着席していればナプキンを広げても大きな失礼にはあたりませんが、主賓の方が明らかな場合は敬意を示してお待ちするのがマナーといえるでしょう。お食事の席では、周りの方やお料理を提供して下さる方皆様へ心遣いをする事が大切です。いつまでも広げずにいるのは給仕の方への失礼にあたる場合があるので、そろそろお料理が運ばれて来るかなというタイミングを見計らって何気なく広げておくのがよいといえます。

まとめ

西洋ではナプキンがただ手や口を拭くだけではなく、メッセージを伝えるツールとしての役割を持つものになっているので、その点を留意しておく必要があるようです。あまりにも速く広げすぎると「お腹がすいています!」とアピールする事になってしまうそうでフォーマルな席ではふさわしくありません。確かに普段の食卓でも、早々お箸を持って待機しているのは少しみっともないと言われてしまうかもしれません。

いつまでもナプキンがテーブルの上で、「料理なんて別に待っていないです」というような態度を示すよりは「待ちきれない!」という気持ちが出てしまった方が良いようにも思えますが、そこは大人の対応が出来るよう、早すぎず遅すぎずを心がけたい所です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です