日々の業務を効率的に!ビジネスソフトについて

ビジネスマネジメント

SHARE

日々の業務を効率的に!ビジネスソフトについて

ビジネスソフト

ビジネスソフトは、MicrosoftのWordやExcelといった、資料作成や表、グラフを作成することができるソフトです。そんなビジネスソフトは仕事だけでなく、家庭などでパソコンを使用する際にも役立ちます。

ビジネスソフト 難易度・就職・仕事の内容・年収など

ビジネスソフトは、文書作成や資料作成に利用する場合は、それほど難しい操作は必要ないため難易度は高くありません。

WordやExcelは主に事務作業で使用されるため、就職する場合は企業の事務員として働くことができます。事務員として文書作成や表、グラフなどの作成などの資料作成が仕事内容になります。普通に資料を作成するだけでなく、様々な機能を使いこなすことで仕事を効率化することもできるため、スキルアップも求められます。

年収は平均すると300万円ほどになるようです。

また、インターネットを利用して在宅で仕事をする場合もビジネスソフトや役立ちます。

在宅で仕事をする場合の年収は、低ければ年収10万円から20万円ほどで高ければ500万円以上という場合もあり、非常に幅広いです。

ビジネスソフト 受験資格・試験内容・合格基準など

ビジネスソフトに関する資格には、マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)があります。MOSは、代表的なビジネスソフトであるWordやExcelなどの操作スキルを証明することができる資格です。

MOSは受験資格が設けられていないため、誰でも受験が可能です。

試験はマイクロソフトオフィスのソフトごとに分かれており、Word、Excel、PowerPoint、といったものがあります。

WordとExcelの試験は、一般と上級の二つの難易度に分かれています。

Wordの一般の試験内容は、文字サイズやフォントの変更、表の作成、印刷といった基本的な知識が問われます。また、上級の試験内容は、スタイル機能や索引作成、他のソフトからのデータ取り込みなどの、応用的な問題が出題されます。

Excelの一般の試験内容は、数式や基本的な関数の作成、セルの書式設定、グラフ作成などの基本的な知識が問われます。そして上級の試験内容は、データ分析や条件付き書式、マクロの作成・編集といった応用的な知識が問われます。

ビジネスソフト 通信講座ランキング

1位 がくぶん 在宅ワーカー養成講座

がくぶんの在宅ワーカー養成講座は、パソコンの初心者から在宅ワーカーを目指すことができる講座です。在宅で働くことができる、クラウドソーシングでの働き方のノウハウなどをしっかりと身につけることができます。この講座は、在宅ワークに精通したシュフティが監修しているため、安心して受講できるのもポイントです。

まとめ

ビジネスソフトは、その名の通りビジネスシーンにはなくてはならないものだと思います。仕事をして行く中で、必ず使わなければならなくなりますし、今後さらにパソコンが発達していけば、全てをパソコンで行うことになるのではないかと思います。そのためビジネスソフトを使いこなせるようになっておけば、今後の技術の発達にもついていけますし、業務も効率的に行うことができるでしょう。

また、近年ではインターネットを介して、在宅で仕事をすることもできます。企業に就職できないという人であっても、自宅で自由に働くことができます。

このようにパソコンは、今やなくてはならない存在です。ビジネススキルを上げるという意味でも、ビジネスソフトの操作をしっかりと身につけておくことをおすすめします。
ビジネスマネジメント  ビジネスマネジメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です